印刷だけではなく災害対策の避雷針

2019/10/29
避雷針

先ずはこの台風15号並びに19号で特に千葉県、長野県な

 

ど思わぬ河川の決壊によって被災された方々の一日も早い

 

復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 

これから市場に出荷される前の大事な米、りんごや野菜な

 

どの農作物によるダメージが多く被害額もそうとうに上る

 

額に計上されています。

 

 想定外 特に、河川の氾濫がとても甚大で、まさかの

 

水位の上昇でした。自然の猛威はすさまじいですね?

 

これが人災と言えるかどうかは、本当に日本だけでは判断

 

が付かず、私はランディング ページでも書き込みました

 

が資本主義中心で無駄な飛行機飛ばしで放出する燃料のガ

 

スの観光業やある国と国の関税値上げによる貿易摩擦戦争

 

それに伴って、物資の輸出入に使われる大型タンカーによ

 

る過剰排ガス放出など、地球を壊しているのが原因との

 

事。

 

その通りですね?幸いにして多摩川の一部では災難な個所

 

も不幸にして有りましたが、景観より安全、安心は生活の

 

上で最優先せれるべきで、高いお金を払って住まいを購入

 

しているわけですから、当然なのですが、危機感が不足し

 

ていたのは最もでした。

 

 お見舞い申し上げますm(__)m。

 

 さらに、水害はもちろん都心の場合には火災懸念材料に

 

なり自然発生の雷の2次的発生にも備える必要性があるの

 

ではとの考えから、雷が落ちない避雷針設備に着目しまし

 

た 。備え有れば憂いなし!

 

と、いう事で印刷業のかたわら、人間として皆さんの

 

お役に立ちたい、せっかく今の時代に縁が有り暮らしてい

 

るのですから、いくら人間より自然発生が先とは言え、

 

守っていくのが、我々人間社会で生きていくものの努め

 

ではないでしょうか?

 

 何卒、お問い合わせ下さい。お待ちしております。

 

以前、弊社は災害の屋根に着目しましたが、千葉の暴風に

 

よる屋根の被害があまりにも多く、これを商売にすること

 

はニュースでも言っていましたが、悪徳業者が勝手に修理

 

し法外な修理代を請求する被害が横行しているらしく、

 

やめました。

 

  とんでもない事です。